バスケットボール競技 記録表
大 会 名 厚生労働大臣杯争奪 第17回日本車椅子ツインバスケットボール選手権大会
試 合 名 c1 オープン 会 場 名 べっぷアリーナ Cコート 日付 平成15年7月19日
チーム 3                  
 
0 - 1P - 24
 
                  チーム 5
高知いごっそう 6 - 2P - 25 太陽の家ブレイカーズ
22 12 - 3P - 8 75
  ( 高知県 ) 4 - 4P - 18 ( 大分県 )  
                - -      
NO 選手名 持点 先発 得点 野投 FT ファウル   NO 選手名 持点 先発 得点 野投 FT ファウル
2P 3P P1 P2 P3 P4   2P 3P P1 P2 P3 P4
4 和 田 将 英 4.0 × 2 1       1       6 池 田 正 行 2.0 × 0              
5 森 下 昭 仁 2.5   0                 7 折 林 恭 一 3.0
×
6 3       1   1
7 一 圓 正 宣 1.5
×
6 3     1     1   8 河原畑   純 1.5
×
15 7   1     1  
8 畑 中 功 介 3.0
×
0       1         9 西 原 啓 士 3.5 × 0             1
11 山 本 雅 彦 2.0
×
6 3               11 木 野 重 則 1.5
×
8 4            
14 亀 若 幸 正 1.5
×
8 4               12 松 森 宏 人 1.0 × 4 2            
15 田 村 豪 男 2.5
×
0                 13 曽 川   稔 1.5
×
26 13         1 1
16 西 岡 慎一郎 3.0   0                 14 尾 島 宏 治 3.0 × 0              
                          15 折 林 香代子 3.5
×
16 8           1
                                                 
                                                 
                                                 
コーチ 笠 原   剛           コーチ 黒 沢 忠 己        
Aコーチ 田 村 富 美         Aコーチ 赤 松 敬 子        
チーム計 22 11 0 0 2 1 0 1   チーム計 75 37 0 1 0 1 2 4
主審 矢田 副審 相良 副審 記録者 檜垣              
〖戦評〗  
1回戦、惜しくも涙をのんだチーム同士の対戦となった。
先制したのは大分。その後もF折林N折林のコンビプレーを中心に得点を積み重ねていった。高知もT.O.をとり、立て直しを図り、円外シュートで応戦する。
しかし、大分L曽川J木野の円内シュートが決まり差が徐々に広がっていった。
第2ピリオド、早々に高知は、M亀若F一圓の円内シュートJ山本の円外シュートで流れをつかみかけたが、大分N折林がコートに戻り、流れを再び大分に呼び戻した。
前半を終え、49対6で大分が大きくリードした。
後半、高知はドリブル主体のゲーム展開から、パスワークを中心に戦術を変更。高知C和田J山本のシュートが決まるが、大分は速攻やゴール近くの選手にパスがよくつながり、確実に加点していった。
第4ピリオドに入り、高知はC和田N田村のスピードあるプレーを中心に反撃のチャンスをうかがう。高知F一圓J山本のシュートが決まり追いあげムードとなる。
しかし、スピードとパスワークで勝る大分が次々と得点を積み重ね、試合を制した。
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO